「オサート」と言った視力を回復させる治療法がTVや雑誌で紹介され、現在、すごく注目を集めていますね。視力が悪くて、メガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)やコンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)を使用されている方にとっては、どういう治療法なのか興味もあるようです。それでは、オサートと言う治療方法とは、一体どんな方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)でしょうか。まず、米国で開発されたオルソケラトロジーといった視力を回復する治療法をきいたことはないですか。オルソケラトロジーとは、夜寝る時に矯正用コンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)を装着し、角膜を凹レンズ化させる治療法です。しかし、オルソケラトロジーに用いるレンズのデザインは、基本としては一段階しか想定されていありません。そのために、重度の近視や乱視、遠視、円錐角膜と言ったケースには対応出来ないものでした。そこで、個々人の角膜形状に合わせ、自分専用のレンズを作成し、装着することにより、オルソケラトロジーでは治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)できなかったケースでも治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)可能になるようにしたのが、オサートと言う新しい視力回復の治療法と言われているんですね。ちなみに、同じ視力回復の治療法としては、レ―シックもよく知られていますよね。レーシックとオサートは、角膜の形状を変えると言う点では同じです。ただ、近視の際に角膜を凹状態にして焦点を合わせる場合、レ―シックは角膜の表面を削って凹状態にします。それに対して、オサートは角膜表面にレンズの圧力バランスを加える事により、形状を変えながら凹状態を作り出しています。この結果、極度の近視の場合でも、かなりの効果が期待できますー